2016年3月8日火曜日

日本人の姿を見かけない寿司屋 台北西門「三味食堂」

台湾の和食ブームは相当なもので、特にお寿司屋さんが林立している。
日本人が台湾に来てワザワザ寿司を食べる事も無いんだけどこの「三味食堂」さんは話のネタに行ってもいいかなと思います。店周辺には日本時代の建築物が沢山残っており、MRT西門より程近い古い街にあります。散歩がてら出かけても面白いのでは。

新鮮とボリュームと味が売りの寿司店にしては店名に食堂が付いている。何故?? 料理が出てきて納得、兎に角デッカイ、こりゃ食堂料理や(笑)。
連日順番を待つ客が道路に溢れ1時間待ちは普通だ。これだけ並ぶ店は小龍包の「鼎泰豊」とこの店ぐらいかな。

メンバー9人、この他、天婦羅、ビール4本、しめてNT$2520,、御1人様NT$280。ボリューム満点、新鮮、安い、美味い、の4拍子揃った究極のC級グルメを今宵は堪能しました。

写真↴
イクラとウニの手巻
 鮭はらみ造里
 鮭のはらみニギリ
 持参のナイフとフォークで巨大ネタを切る(笑)
ぼたんエビ造里 
かじき・いか・鮭・かに お造り盛り合わせ 
 順番を待つ客で溢れる店先