2013年5月12日日曜日

台湾北部の私のお気に入りコース

今日は日曜日、友人の誘いで温泉に行く事になった。朝の10時出発、お腹の虫が鳴いている。どこで朝食をするか、行き当たりばったり、取敢えず陽明山の温泉方向に車を走らす。

途中の陽明山前山公園で朝食をとる。公園の中は涼を求める人達の椅子・机で一杯だ。ザリガニ釣り、屋台食で小一時間遊んだ後「花芸村温泉」に向かう。

「花芸村温泉」は露天風呂と家族用個室がある。私達は当然露天風呂に入る。ここは広いのが嬉しい。熱さの違う露天風呂が3つ、泥風呂、打たせ湯、水ぶろ、電気風呂等々、女性群との待合せの約束時間、2時間はあっと言う間に過ぎる。

登ってきた反対方向、いわゆる基隆側に山を下ると 「金包里老街」だ。屋台を冷やかし、2~3品のおかずを肴に乾いた喉をビールでうるおす。これで入浴後の小腹は満たされた。

ここより東方向に行けば「野柳」方面、私達は逆に海岸線を淡水方向へ車を走らす。台湾は右側通行なので金山方向から淡水方向に車を走らすこの走り方が海が良く見え、ベストの走りだ。

海岸沿いにはアウトドアーのお洒落なコーヒーショップが並び、海ではサーフィン、水上バイク、魚釣り、海水浴、貝殻拾い、思い思いの休日を楽しむ人で一杯だ。

「朱銘美術館」「麗君記念公園」「北海ゴルフ」を左手に更に走ると「富基漁港」に着く。今日は何も食べませんが観光魚市が有り買った魚を持ち込むと料理をしてくれる店が並んでいる。

さて更に車を走らすと、ここは早や夏真っ盛りの「白沙湾」だ。サマーシーズンをエンジョイする若者達で一杯だ。ここで小休止をとる。

車を更に淡水方向に走らすと北海岸でお気に入りの、三芝「浅水湾」NO子の店に着く。時間は4時半、最高の時間だ。店内はジャズライブで満席、私達も席に着き軽食をつまみながら夕焼けを待つ。「NO子」はオーナーの愛称で店名では有りませんよ。私のこんな日曜日でした。

 ゆっくりまったりのこんな観光コースも楽しいですよ。