2014年12月13日土曜日

旅行好きには円安は厳しいですね。 台湾ドルの有利な入手法手ほどき

急激な円安が進む状況下では少しでも有利に台湾ドルを手に入れたいと思うのが人情ですね。

【両替時の注意事項 レートの悪い順】
1)日本国内での台湾ドルとの両替
2)宿泊ホテルでの両替
3)デパートの両替所での両替
3)土産物店での両替
4)空港での両替
5)市中の銀行での両替(営業時間は9時~15.30時)
6)銀行営業時間内の貴金属店(銀楼)

*イミグレーション通過前の免税店での買物時、台湾ドルが無い場合はクレジットカードの利用がベターでしょう。
*手持ちの台湾ドルが無い場合は空港では1万円程度(行動予定に合わせて)の両替に止めておき、翌日4)5)6)のどれかで両替するのが良いと思われます。
*空港には台湾銀行と兆豊国際商業銀行の支店が有ります。発着便が有る時間帯は何処かの両替所が開いています。
*空港内出張の銀行支店と市中の同銀行支店のレート比較では空港出張支店のレートが悪いです。
*銀行の営業時間は9~15時半。両替にはパスポートが必要です。窓口で簡単な手続きで両替できますので安心です。
*各銀行によってレートは勿論の事、手数料の有無、両替額、などが異なる事は当然ですが、同一銀行によっても情勢により調整がされておりますので両替条件は一定ではありませんので都度確認が必要です。
*貴金属店(銀楼)での両替にはパスポートは必要では有りません。両替看板は出ておりませんので現地在住者の協力が必要でしょう。両替の際は必ず事前に銀行とのレート差をチェックし納得の上で両替してください。又その場で手渡された金額のチェックをお忘れなく。

【その他の方法で現地通貨を入手する方法】
1)クレジットカードのキャシングサービス。
2)cityバンクで預金をし、国際キャッシュカードを作る。