2013年5月11日土曜日

新北投の日本を歩く

世界中に温泉地は沢山あるが、なんといっても温泉文化は日本のものだ。日本風の玄関で迎えられるとほっとする。料金を番台で支払い、脱衣場で裸になり、露天風呂に向かう、これが大事な手順だ。 嬉しい事に、ここ台湾の温泉地は、色濃く日本の温泉文化が残っています。

大屯火山群に属する北投石で有名な新北投温泉と少しマイナーな紗帽谷温泉は、秋田玉川温泉(癌に効く事で有名)と同じ効能の温泉で湯治療に日本からお越しのお客様もいらっしゃいます。

日本情緒あふれる新北投に残る日本家屋写真です。

[日本軍衛戍医院北投分院]
IMGP5359-thumbnail2.jpg
[北投温泉浴場。現・北投温泉博物館]
IMGP5449-thumbnail2.jpg
[佳山旅館。現・北投文物館]
IMGP5403-thumbnail2.jpg
[吟松閣。現役で営業中]
IMGP5388-thumbnail2.jpg
[旧台湾銀行宿舎の近隣日本家屋]
IMGP5408-thumbnail2.jpg
[瀧の湯] この風呂屋の前を流れる渓流で北投石が発見された
IMGP5440-thumbnail2.jpg
[星の湯]
IMGP5371-thumbnail2.jpg

「ペンション悠遊村」HPへの移動ボタン