2013年1月15日火曜日

阿里山森林鉄道

2013.01.10
全線開通は2014年6月が予定されています。現在は山頂部の祝山支線の運行に加え 開通百周年記念で平地区間の嘉義~竹崎14.2kmが休日に限り運行再開されています。
阿里山森林鉄道は1912年(大正元年)12月20日竣工、同25日開通、昨年2012.12.25で開通百年を迎えました。嘉義~沼平までの全長72.2kmをスイッチバックやループ式を組み合わせ平地の嘉義から高度2280mの沼平まで一気に駆け上ります。
2003年3月の脱線事故、2010年の台風被害、2011年のシロアリ被害にあった樹木が列車に倒れ掛かる事故などにより全面点検改修中です。


2012.08.29
現時点で阿里山へ行く方法は台鉄「嘉義」駅からのバスで行く方法しかないようです。
阿里山へのバスは嘉義駅前のバスターミナルから朝6:00過ぎから30分~1時間毎に出ています。バスは嘉義を出て2時間ほどで阿里山に到着。
全線開通し阿里山途中のスイッチバックやスパイラルを楽しむことが再び出来るのだろうか?。
頂上付近の祝山、神木、沼平の各支線は現在運行が再開されています。
阿里山森林鉄道 路線図

【阿里山森林鉄道の情況】(2012.08.29)
*阿里山鉄道区間:本線   嘉義駅⇔阿里山駅 (2009.08.08.台風災害により不通)
*阿里山鉄道支線:祝山線  阿里山⇔祝山
*阿里山鉄道支線:神木線  阿里山⇔神木    (2011.4.27.脱線事故)
*阿里山鉄道支線:沼平線  阿里山⇔沼平    
*阿里山鉄道支線:眠月線  阿里山⇔眠月    (運転停止)

【阿里山観光】
嘉義から阿里山まで72.5km、3.5時間、標高差224mの山岳鉄道でスイッチバックやスパイラルを楽しめる列車旅。定員25人の全席指定席の観光列車。阿里山行きの列車は機関車が後部から押し上げていきます。
嘉義~竹崎:南国ムード漂う田園風景が広がります。
奮起湖:鉄道文物館  老街(古い街並み)
祝山:「ご来光」観賞
阿里山~神木:森林歩道
達邦:原住民ツオウ族の居住地の中心地。
    2月中旬のマヤスヴィ(戦祭)、7月~8月の栗の収穫祭。