2012年6月1日金曜日

四国松山「萬翠荘」と台北「台湾総督府官邸」

日露戦争(1905’M38)を陸海で勝利に導いた秋山好古、真之兄弟や正岡子規が少年期を過ごした松山を今年の初春、亡き長兄が少年期を過ごした四国香川を長兄を偲び訪れた。

以前の私なら見過ごしたであろう【萬翠荘】という明治大正のロマンが感じ取れる建築物に出会い感激です。同じ薫りのする建築が台北にも有るんです、続きをご覧ください。


【萬翠荘】松山藩主の子孫久松定謨伯爵の別邸。木子七郎の設計で1922年(T11)に建築された、ネオルネッサンス様式の格調高い建物です。

【台湾総督府官邸】
森山松之助の設計によりネオ・ルネッサンス様式の美しい建物が1911年(M44年)に竣工した。



ペンション悠遊村サイトへの移動ボタン⇒「ペンションBC悠遊村」