2011年12月30日金曜日

日本旅館「梅屋敷」に銅像が






日本旅館「梅屋敷」は中華民国の国父「孫文」が台湾来訪のおり、宿泊された史跡を記念するため現在は「逸仙公園」「国父史跡館」と命名されております。

大概こうゆう場所には銅像があるのですが、つい最近まで有りませんでした。ところが12/27日に訪れた時には正面入口に三民主義の本を片手にした孫文の銅像が立っていました。なんでも辛亥革命百周年の2日前にハワイ在住の孫文の孫、「孫穂芳」が寄贈したという事でした。


PS.
台北宿泊は日本人夫婦が経営するペンション悠遊村( http://longstay-you.blogspot.com )を、ご利用ください。悠遊村以外の民宿情報はこちらで⇒http://travel.blogmura.com/minshuku/
台湾情報・話題はBlog「悠遊村観光ガイド(台湾ミッスラン)」でチェクできます。