2012年11月30日金曜日

ワンタン事典

中華圏の料理の総称として中華料理という言葉を使うなら間違いなくワンタンは中華料理ですね。そして私達日本人は雲呑と書きワンタンと読みます。が、世界は広いではなく中国は広い。

香港人⇒雲呑(ユイントン)、四川人⇒抄手(ツァオソオ)、福州人⇒燕餃(イエンチャオ)、台湾人⇒扁食(ベンシー)、その他中国人⇒餛飩(フオントエン)。
カタカナで表記している読み方は中国語話者に言っても通じないでしょうが台湾人にはベンシーと言えば通じます。

ワンタン一つにしても、単語も違えば食べ方も違います。例えば四川人の食べるワンタンはスープ無しで辣油にワンタンをつけて食べます。また福州人の作るワンタンの皮は肉を薄く引き伸ばし乾燥させた物から作るので非常に手間のかかる料理になります。其々がお国自慢なんですね。

写真↴