2011年8月22日月曜日

「山佳」駅  台湾鉄道

台北駅から程近い陶器の町で有名な「鶯歌」駅の隣駅「山佳」の木造駅舎です。

この木造駅舎は1903年(明治36年)に建設され100年を経た今なお可愛い姿でぽつんと建っています。現役で鉄道利用者を見守っておりますが残念ながら来春には新駅舎の完成と共に消えていく運命なんでしょうか。戦後半世紀の年月が過ぎると、一つまた一つと日本人の汗と血が染込んだ建物が消えてゆきます。

この一帯には国立台北大学、行天宮経営の病院、ニュータウンなどが有り、台北のベッドタウンとしてこれからますます開けていくのでしょう。




ペンション悠遊村サイトへの移動ボタン⇒「ペンションBC悠遊村